札幌の健康福祉イベント|いきいき健康・福祉フェア2018
2018.10.12-14,10:00-16:00/会場:アクセスサッポロ

開催趣旨

 日本政府は、急速に進んでいる少子超高齢化を見据えた長寿社会「人生100年時代」の取組みが進められています。そのなかでも「団塊の世代」の全てが75歳以上となる2025年に向け、建康寿命の延伸、豊かに暮らせる社会を構築し、国民が健康的に、経済的にも生活できる少子高齢化社会を目指して予防・健康管理等に係る取組が行われています。

 

 特に個人の主体的な健康の維持増進への取組を奨励していますが、これらの取組の推進に併せて、社会保障・税一体化改革に掲げられている医療・介護サービスの提供体制の効率化・重点化と体力増進、身体機能強化に係る取組など、健康寿命の延伸のためにさらに必要と考えられる効果的な取組について具現化していく必要があります。

 

 健康寿命の延伸を実現するには、社会生活を営むための機能を高齢になっても可能な限り維持することが重要であり、高齢化に伴う機能の低下を遅らせるために、高齢者の健康に焦点を当てた取組を強化する必要があり、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)や認知機能低下を予防しつつ、高齢者の働き方など就業等の社会参加の促進等を図る必要があります。

 

 このような取組を進めることにより、国民の医療・介護需要をできる限り抑えながら、より質の高い医療・介護の提供を図ることが重要であり、そのためにも限りある医療資源を有効活用するための取組も必要と考えられます。

 

 今回で14回目を迎える「いきいき健康・福祉フェア」では、行政、福祉団体、マスコミなどから構成された実行委員会が「人生100年時代を考える」をメインテーマに、今の社会情勢に適応した製品・サービスの紹介や今後迎えなければいけない2025年問題を含めた社会問題を考える機会の場として開催いたします。

 

いきいき健康・福祉フェア2018実行委員会

ホーム

開催概要

出展のご案内

展示会情報

プライバシーポリシー

ホーム

開催概要

出展のご案内

展示会情報

ステージ・セミナー

来場のご案内

お問合せ

copyright(c) IKIFUKU All Rights Reserved.

いきいき健康・福祉フェア2018 実行委員会 事務局分室 TEL:011-867-2005

copyright(c) IKIFUKU All Rights Reserved.

いきいき健康・福祉フェア2018 実行委員会 事務局分室 TEL:011-867-2005

copyright(c) IKIFUKU All Rights Reserved.

いきいき健康・福祉フェア2018 実行委員会 事務局分室 TEL:011-867-2005

copyright(c) IKIFUKU All Rights Reserved.

いきいき健康・福祉フェア2018 実行委員会 事務局分室 TEL:011-867-2005

copyright(c) IKIFUKU All Rights Reserved.

いきいき健康・福祉フェア2018 実行委員会 事務局分室 TEL:011-867-2005

札幌の健康福祉イベント|いきいき健康・福祉フェア2018
2018.10.12-14,10:00-16:00/会場:アクセスサッポロ

|開催趣旨|

 日本政府は、急速に進んでいる少子超高齢化を見据えた長寿社会「人生100年時代」の取組みが進められています。そのなかでも「団塊の世代」の全てが75歳以上となる2025年に向け、建康寿命の延伸、豊かに暮らせる社会を構築し、国民が健康的に、経済的にも生活できる少子高齢化社会を目指して予防・健康管理等に係る取組が行われています。

 

 特に個人の主体的な健康の維持増進への取組を奨励していますが、これらの取組の推進に併せて、社会保障・税一体化改革に掲げられている医療・介護サービスの提供体制の効率化・重点化と体力増進、身体機能強化に係る取組など、健康寿命の延伸のためにさらに必要と考えられる効果的な取組について具現化していく必要があります。

 

 健康寿命の延伸を実現するには、社会生活を営むための機能を高齢になっても可能な限り維持することが重要であり、高齢化に伴う機能の低下を遅らせるために、高齢者の健康に焦点を当てた取組を強化する必要があり、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)や認知機能低下を予防しつつ、高齢者の働き方など就業等の社会参加の促進等を図る必要があります。

 

 このような取組を進めることにより、国民の医療・介護需要をできる限り抑えながら、より質の高い医療・介護の提供を図ることが重要であり、そのためにも限りある医療資源を有効活用するための取組も必要と考えられます。

 

 今回で14回目を迎える「いきいき健康・福祉フェア」では、行政、福祉団体、マスコミなどから構成された実行委員会が「人生100年時代を考える」をメインテーマに、今の社会情勢に適応した製品・サービスの紹介や今後迎えなければいけない2025年問題を含めた社会問題を考える機会の場として開催いたします。

 

いきいき健康・福祉フェア2018実行委員会

copyright(c) IKIFUKU All Rights Reserved.

いきいき健康・福祉フェア2018 実行委員会 事務局分室 TEL:011-867-2005

|開催趣旨|

 日本政府は、急速に進んでいる少子超高齢化を見据えた長寿社会「人生100年時代」の取組みが進められています。そのなかでも「団塊の世代」の全てが75歳以上となる2025年に向け、建康寿命の延伸、豊かに暮らせる社会を構築し、国民が健康的に、経済的にも生活できる少子高齢化社会を目指して予防・健康管理等に係る取組が行われています。

 

 特に個人の主体的な健康の維持増進への取組を奨励していますが、これらの取組の推進に併せて、社会保障・税一体化改革に掲げられている医療・介護サービスの提供体制の効率化・重点化と体力増進、身体機能強化に係る取組など、健康寿命の延伸のためにさらに必要と考えられる効果的な取組について具現化していく必要があります。

 

 健康寿命の延伸を実現するには、社会生活を営むための機能を高齢になっても可能な限り維持することが重要であり、高齢化に伴う機能の低下を遅らせるために、高齢者の健康に焦点を当てた取組を強化する必要があり、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)や認知機能低下を予防しつつ、高齢者の働き方など就業等の社会参加の促進等を図る必要があります。

 

 このような取組を進めることにより、国民の医療・介護需要をできる限り抑えながら、より質の高い医療・介護の提供を図ることが重要であり、そのためにも限りある医療資源を有効活用するための取組も必要と考えられます。

 

 今回で14回目を迎える「いきいき健康・福祉フェア」では、行政、福祉団体、マスコミなどから構成された実行委員会が「人生100年時代を考える」をメインテーマに、今の社会情勢に適応した製品・サービスの紹介や今後迎えなければいけない2025年問題を含めた社会問題を考える機会の場として開催いたします。

 

いきいき健康・福祉フェア2018実行委員会

copyright(c) IKIFUKU All Rights Reserved.

いきいき健康・福祉フェア2018 実行委員会 事務局分室

TEL:011-867-2005